スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだかと思った!

今日は会社の面接というか試験を受けに行った。

とても大きな会社で社名は有名なので書けないが

13時15分前に来い!といわれていったが

守衛さんに「●●へ行きたいんですが」といえば

「正門へ回ってね」といわれ、正門でまた守衛さんに

訊けば「あれ、裏門のほうだよ」といわれ、

実際指定時間より5分遅刻して着いたが

「あれ、ひょっとしたらあっちへ行っちゃったのかな?」

みたいに言われたが、

なんか間違ったのが俺だけみたいで

少し恥ずかしかった・・・




まあ試験そのものがむずかしかったので、

その時点で少しあきらめたものの、気分転換のような

少し気分が晴れてきた。

だって試験をパスした人は次回月末に東京で面接!

って言われれば、

「時間かかる会社だなあ~」と少し感じた。

だって今日が4月7日だぜ????




それはそうと会社の敷地内で桜が綺麗で、

天気もよかったので少し気分がよく、夕方自宅に一度

帰った後で公園をウォーキングした。

その帰りにタバコを買いにコンビニへ行く途中で

幹線道路でいきなり原付バイクが車に跳ねられてしまう

ところを目撃してしまった・・・




まるで一瞬の出来事なのに、

スローモーションの映画のワンシーンみたいに

はっきりと見えた。

一瞬「ド~ン」と大きな音がして、バイクに乗った若い

男性がピクリとも動かず「死んだのか?」

「即死なのか?」とあたまによぎった・・・



幹線道路の大きな交差点だったのですぐに車から

いろんな人達が降りてきて、交通整理などをしはじめた。

機敏というか、機転が利くというか、

案外みんながすごい連携プレイをしていたのだ!

すっごい大渋滞になったが救急車が側まで来たときに

なかなか進まなかった。



救急車が来たときにバイクの若い男性が少しあたまを

抱えて動いたのを見て少しホッとした。

死んではいなかったみたい。



俺も昔子供の頃にタクシーに自転車に乗っているところ

を跳ねられてしまい、そのまま病院へ担ぎ込まれたが

意外に怪我がたいしたことなかった。

少しおなかあたりに包帯ぐるぐる巻いてそのまま入院

も無くて日帰りできた!



俺の親父やお袋は俺が生まれる前のときだと思うが

マイカーを買ってルンルン気分でドライブというか

仕事かなあ~出かけた時に幹線道路で反対車線から

突然大型トレーラーが居眠り運転だと思うけど

いきなり正面衝突してしまい、自動車がそのまま

まるでおもちゃみたいに転がってしまいレスキュー隊に

助けられたらしい、新車がぐちゃぐちゃになり

そのまま救急車で夫婦で入院したらしく、

打ち所がよかった!?せいか、

親父は足など骨折だけで半年くらいで退院できたようで

犯人は警察が捜しても見つからなかったという!



ときどき、交通事故などで血を流す人などを見かけたり

するが、「死ぬ人」・「生きる人」なにか

ちょっとした運の違いかもしれないなあ~と

ふと思うことがある。

今日はそんな1日だった。
スポンサーサイト

テーマ : 投資と心理学
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ピース

Author:ピース


2005年度はビジネスも
株も黒字でした^^


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録




カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索エンジン

WWW を検索
ブログ内 を検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。