スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATF オートマチックフルードを格安で交換できる方法

みなさんは、マイカーのATF(オートマチック・フルード)の交換はどうやっていますか。


ATFのチェンジャーなどを使用するやり方などで行いますと、1回のATF交換でなんと3万円くらい請求されることがあるそうです。


私が最近知人に教えてもらったやり方は、「手動式オイルチェンジャーを使ったATF交換DIY」というやり方になります。


車のエンジンオイルは、下抜きで交換しますと、ドレンパンというオイルがたまる下皿に古いオイルが残ってしまいますので、新しいエンジンオイルを入れると混ぜってしまい、せっかくの新品のオイルが古くなってしまい、本来の性能が発揮できず台無しとなってしまいます。


ATF交換の場合は、リフトアップして、下のドレンパンを取り外し、磁石などで鉄粉がくっついているのでそれを掃除し、フィルターを外して新品と交換するというやり方が一般的な整備工場でのATF交換方法になります。


でも、DIYでは、さすがにリフトとか持っていないわけですので困ってしまいますよね。


そんな時、車のATFのチェック用のゲージ穴の棒を引き抜き、そこからオイルチェンジャーで抜けるだけ抜き、抜いた量がタンクで計測できますので、その量と一致する量の新しいATFをゲージの穴から注入していくとよいです。


ATFの場合、20Lのベール缶が1万円しない値段で入手できます。


ATFの上抜きでは、全部のATFを抜くことができませんので、1回で4Lなどを抜き、新しいATFを4L入れという感じで繰り返しいきます。


一般的には普通車には8LのATFが使用されている傾向にありますので、4Lの交換を3回繰り返しますと、ある程度車のATFが綺麗なものと入れ替わります。


4Lを5回繰り返すと、20Lベール缶を使い切れるのですが、1度ATFを交換しますと、走行して中をかき混ぜるような感じをします関係で、1度にやってしまいますと無駄が多くなります。


サンデードライバーがDIYで、自分の手で休日にATF交換をしますと、概算で手動式オイルチェンジャーを新品で買っても総額1万円くらいでできちゃいます。


もちろん、手動式のオイルチェンジャーは、ATF交換に不向きなものもございますので、どれでもいいわけではありません。


ATF交換しながら、同時にエンジンオイルも交換しますので、買って無駄になるとか、元が取れないということもまずありませんので、お勧めです。
スポンサーサイト
プロフィール

ピース

Author:ピース


2005年度はビジネスも
株も黒字でした^^


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録




カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索エンジン

WWW を検索
ブログ内 を検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。